ママのこと

【赤ちゃんを連れての歯医者受診】可能ではなくウェルカムなところへ!!

先日、急遽歯医者を受診することになり、

我が家の赤ちゃんを連れていくことに・・・

 

赤ちゃんを連れての受診なんて考えたことがなかったのですが

以前、友人が「歯医者も美容院も子連れOKなとこ多いよ~」と

言っていたことを思い出し、今回受診しました。

 

赤ちゃんを連れて受診する際の注意点や、

実際に受診して感じたことをお伝えします。

 

赤ちゃんを連れての受診で感じたこと

歯科医院選びの大切さ

私の今回の受診のように、赤ちゃんを連れていくしかない!と言う方も多いと思います。その場合、歯医者選びがとても重要だと思いました。

歯医者だけでなく、ママが赤ちゃんから離れて治療する場合にはとても大事だと思いました。

今回は予約の際に、ベビーカーで赤ちゃんを連れての受診は可能ですか?

と確認し、大丈夫ですよ~とお返事を頂いての受診でした。

なので、問題なく受診は可能でした。が、、

 

問題は、赤ちゃんが泣き出してしまった時にどう対応してくれるか

これが非常に重要だと感じました。

我が家の赤ちゃんは人見知り絶頂期。

知らない場所、知らない先生や歯科衛生士さん。

ねんねのタイミングがずれてしまったこともあり、最初の問診が始まった時点で号泣。

私以外の患者さんは一人だけだったことと、個室のような作りだったことが不幸中の幸いと言うくらい、泣いていました 汗汗。

 

今回は受診可能と確認済みでしたが、子供連れでの受診に慣れていない様子でそのまま治療が進んでいった為、ひたすら泣いている状態に・・・

 

その間の申し訳なさといったら・・・涙

爆発的な声量で本域で泣き出してしまった我が家の赤ちゃん。

歯医者の方々にも、赤ちゃんにも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

迷惑をかけているという焦り。

泣き止まない焦り。

もう治療を投げ出して帰った方が良いのかと、

焦る頭で色んなことを考えていました。

 

その状況が続いた後、

麻酔を実施することになり、効いてくるまでの間しばし治療が中断。

抱っこすることができ、ようやく寝てくれました。

 

↓↓ 授乳中の麻酔や歯科治療について詳しくお伝えしています。

 

赤ちゃん連れに慣れている医院か、慣れていない医院か。

この赤ちゃんが泣きだすという極限の状態で、その真価が問われると思います。

大げさですが、本当にそうだと思います。苦笑。

 

赤ちゃんを連れての受診。可能ではなくウェルカムな歯医者に!!

ウェルカムな歯医者とは??

赤ちゃんを見てくれる

空いている時間帯での予約

泣き出した時に臨機応変に対応してくれる

 

赤ちゃんを見てくれる歯医者というのは、なかなか少ないかもしれませんが

ウェルカムな歯医者では比較的空いている時間帯での予約を優先的に勧めてくれたり、

泣き出した時にママの抱っこで治療を受けさせてくれたりと、

状況によって臨機応変に対応してくれると思います。

 

ウェルカムな歯医者。どうやって選ぶ?探し方は??

ホームページを確認

赤ちゃん連れでの受診がウェルカムな歯科では、

ホームページにそのことが記載されている場合が多いです。

歯医者さん側もそこを強みにしていることが多いからです。

また、小児歯科のあるところは、比較的小さな子供への対応にも慣れているのではないでしょうか。

 

ホームページ。

これが一番わかりやすく調べやすい方法だと思います。

 

ネットでクチコミを見る、近くの知り合いに聞く

ホームページに記載のない場合でも、近くの歯医者をネット検索すると

クチコミページが出てくると思います。

クチコミ投稿のされていない医院も多いですが、

比較的有名なところだと投稿されていることが多いので、

参考にするのも一つの方法だと思います。

また、近くに知り合いがいる場合は

その方の意見を参考にするのも良いと思います。

 

ですが、確実なのはやはりホームページで確認することだと思います。

 

ベビーカーで赤ちゃんを連れての受診が可能な歯医者は多いです。

しかし、ウェルカムかどうか。

声を大にして言います。笑

そこが重要です。

 

私のように大量の冷や汗をかかないためにも。

気疲れでぐったりしないためにも。

ママのお口の中を守るためにも。

 

安心して治療を受けられるウェルカムな歯医者が見つかることを願っています。

 

以上、ママの気になる!日々。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA