日々の気になるあれこれ

赤ちゃんの薬の上手な飲ませ方は?生後半年を過ぎ初めての飲み薬!

f:id:montana2:20181216151911j:plain

風邪やインフルエンザが猛威をふるう季節になってきました。

 

我が家でも例外なく風邪の症状が。

生後6ヶ月を過ぎたばかりの第2子も、気づけば鼻水が垂れています。

 

第1子受診のついでに、一緒に見てもらうことになり、

初めての飲み薬が処方されました!

 

生後6ヶ月を過ぎた頃の赤ちゃん。

薬はどうやって飲ませる?

赤ちゃんへの上手な薬の飲ませ方をまとめようと思います。

実際にその方法を実践!その様子もお伝えします。

 

薬を受け取りながら、ふと、どうやって飲ませれば良いのか気になり、薬剤師さんに質問!

赤ちゃんへの薬の飲ませ方を教えてもらいました。

 

赤ちゃんの薬の上手な飲ませ方は?生後半年を過ぎ初めての飲み薬!

・今回処方された薬は、粉薬とシロップ

・それぞれ赤ちゃんに適した飲ませ方がある

粉薬とシロップを1つずつ処方してもらいました。

離乳食もまだあまり上手には食べられず、べーっと吐き出すことが多い我が家の第二子。薬もそんな状況になりそう…

どうやって飲ませるのが良いのか教えてもらうと、シロップ・粉薬それぞれに飲ませ方があるようです。

 

赤ちゃん・乳児への粉薬の飲ませ方は?上手に飲ませる方法

・ごく少量の湯ざましで粉薬を団子状にまとめる

・上あごにこすりつける

・その後、湯ざましや母乳、ミルクなどを与える

この方法、本当にすごいです笑!!

後ほど記載しますが、スプーン、スポイトではシロップを上手に飲めなかった我が子。

この上あごにこすりつける方法では、ほとんど出てくることなくキレイに飲むことができました。

 

この方法でお薬を飲ませるには、いくつかのポイントがあります。

まず、1つ目!

粉薬を団子状にまとめる際に使用する湯ざましの量は、本当にごくわずかです!

シロップを飲ませた後、そこに粉薬を入れてまとめようとしたのですが、水分が多すぎてドロドロに…苦笑。

残っていた水分でも多すぎるほどです。

一滴から試し様子を見てくださいね。ドロドロになると、上あごにこすりつけるのが難しいです。まさに団子状!指に乗るくらいの硬さでまとめます。

 

そして、2つ目!

舌の上ではなく、上あごにこすりつけます。

舌の上に乗せてしまうと、そのままべーっと吐き出されてしまします。

我が子は、まさにこの危険が…!!

一度、上あごにつけた残りを舌に乗せたら、案の定全部出てきてしまいました。

上あごにつけると、きれいに全部飲むことができました!

 

この2つのポイントで、上手に粉薬を飲ませることができます。

 

また、次に紹介するシロップの飲ませ方と同様の方法で飲ませることもできます。

 

赤ちゃん・乳児へのシロップの飲ませ方は?上手に飲ませる方法

f:id:montana2:20181216152045j:plain

・スプーンやスポイトを使用する

シロップは、スプーンやスポイトを使用して、少しずつ与えることができます。

先ほどの粉薬も、少量の湯ざましやミルクで溶かし、スプーンやスポイトで与えることもできます。ただ、粉薬の場合は、先ほどの方法がベストかな?と感じます。

個人差があるかと思うので、その子に合った方法で与えるのが良いかと思います。

 

我が家の場合は、スプーンもスポイトも苦手なようでした。

特にスポイト…

ほとんどが口からこぼれて、ベトベトに、、

スプーンで少しずつ飲ませると、スポイトよりは上手に飲ませることができました。

 

もっと小さい月齢の頃、K2シロップや予防接種のシロップは上手に飲めていたような気がするのですが、どうも今回は上手くいきませんでした。

 

生後6ヶ月を過ぎた頃の初めての飲み薬。

なかなか与えるのも難しいかもしれませんが、

コツをつかめば、上手に飲ませることができるように思います。

 

以上、ママの気になる!日々。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA