育児中のおうちDIY

【トイレ床のDIY】クッションフロア張替えに必要な物【賃貸も可】

築30年になる我が家の賃貸マンションは、
色んなところに古さが出ています。
トイレの床は特に・・・

本当に嫌気がさしているトイレの床。
この現状を打破する為に、色々とリサーチ。
最近流行りの簡単DIYとして、
トイレ床のクッションフロアの張替えを行う方が多いようです。

驚くほど不器用な私は、
簡単DIY・・・簡単じゃないDIYになるだろうな・・・苦笑
と、覚悟を決めて(笑)、クッションフロアの張替えを決意!!

私のように、賃貸に住みながらも、トイレの床を変えたい!
DIYしたい!と、強く願っている方も多いのではないでしょうか?
(現状に嫌気がさしすぎて強調してしまいました笑)

今回は賃貸でもできるトイレ床のDIYに必要な物と、事前にしておくべきことをお伝えします。
賃貸でのDIYに必要な物ですが、トイレの床に傷や跡をつけたくない場合も同様です。

【トイレの床DIY】賃貸でもできるクッションフロア張替えに必要なもの

・クッションフロア

・両面テープ

・マスキングテープ

・シリコンシーラント(必要な場合)

賃貸でトイレ床のDIYを行う場合は、マスキングテープ(シーリングテープ)が必須です。
このテープを使用することで、床に跡を残すことなくクッションフロアを貼ることができます。

シリコンシーラントは、便器とクッションフロアの隙間を埋める為に使用します。
古いトイレの場合には、使用がオススメです。
シリコンシーラントを使用することで、クッションフロアと便器の隙間から水分が染みるのを防ぎます。

新しいトイレや新築などには、使用しない方が見た目がキレイに仕上がります。
我が家の場合は、築年数が古いこともあり、即決で使用を決めました笑。

クッションフロア

f:id:montana2:20160520085412j:plain
トイレのサイズに合わせて、購入します。

色々探していると、幅182㎝のものが多く販売されています。
デザインの縦横が関係なければ、182㎝×1mで一般的なトイレサイズであれば敷き詰めることができます。
1mだと、お手軽価格でクッションフロアの張替えが可能です。

我が家は、フローリングデザインのブラウンを選びましたが、
モロッコタイルデザインや、同じフローリングデザインでもカラー違いなど、
たくさんのデザインのクッションフロアがあります。

DIY後のトイレの雰囲気をイメージして、
自分好みのデザインを見つけてくださいね。
こちらは、125種類のデザインからお気に入りを探せます。
(かなり種類豊富です)

両面テープ

クッションフロア用の強力タイプがオススメです。

我が家も粘着力の強いものを購入しました。
使用中に剥がれてきたり、めくれてきたりしないように、
しっかりと粘着力のあるものを選びましょう。

マスキングテープ(シーリング用テープ)


(出典:楽天市場)

賃貸でクッションフロアの張替えを考えている方には、必須アイテムです。
床にそのまま貼ると、剥がすのが大変!
そこで、このマスキングテープを床に貼り、その上に両面テープを使用します。

マスキングテープを探していると、シーリング用というものを目にすることがあるかもしれません。
マスキングテープには目的別に色々な種類があり、その中のシーリング用マスキングテープということになります。
今回は、基本的にマスキングテープであれば何用でも大丈夫です。

もし、シーリング用と塗装用があれば、
シーリング用のマスキングテープの方が粘着力が弱いようです。
最終的(引っ越しの際や、張替えの時)に剥がすことになる為、粘着力の少ないものを選びましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スリーエムジャパン シーリング・マスキングテープガラス・サッシ用 S79-21 …
価格:180円(税込、送料別) (2019/5/21時点)

楽天で購入

 

シリコンシーラント


(出典:楽天市場)
便器とクッションフロアの隙間を埋めるのに使用します。
ジェルのようなものが固まり、隙間を埋めることができます。

私は、お風呂用の防カビ剤入りのバスシールというものを購入しました!
カラーは透明!

シリコンシーラントには、グレーやウッド調のものなど種類があるので、
クッションフロアなどのカラーに合わせて選びます。
このシリコンシーラントで隙間を埋めるという工程は、
新築のトイレや新しいトイレではほとんど使用しないようです。

我が家のように、古いトイレで既に貼ってあるクッションフロアを剥がせない場合や、
私のようにものすごく不器用な方は、
隙間を埋めたほうが後々のことを考えると良いかもしれません。

隙間から、おしっこや水分がクッションフロアの下に染みてしまうと、
カビの発生や匂いの原因になります。

見た目的には、使用せずにクッションフロアをきちっと貼る方がキレイです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャープ化学工業 バスシールパウチ 3690190002 クリア|塗料・補修用品…
価格:530円(税込、送料別) (2019/5/21時点)

楽天で購入

 

【トイレ床のDIY】クッションフロア張替えの前にしておくこと

・トイレ内の荷物を出す

・トイレの床を掃除する

掃除道具等、トイレの床に何気なく置いてあるものが多いのではないでしょうか?
全てトイレから出し、床に何もない状態にします。
床掃除も念入りに。
ゴミや埃をできるだけ除去しておきます。

ここまでくれば、いよいよ張替えに取り掛かります。

【賃貸でもできるトイレ床の不器用DIY】クッションフロア張替え手順【解説】賃貸のトイレの床をDIY! 賃貸でも諦めずにDIYが可能です。 我が家は築30年オーバーの賃貸マンション。 とにかく気になって...

以上、ママの気になる!日々。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA